駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

駐車場経営の気になる初期費用は?少ない初期投資でも始められる

公開日:2021/03/15


土地活用の1つである駐車場経営ですが、初期費用が高いイメージがあり、始めることを躊躇している人もいるでしょう。実際、駐車場経営にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?また、初期投資の資金がなくても始めることができるのでしょうか?この記事では、駐車場経営の気になる初期費用や特徴について説明するため、参考にしてください。

駐車場経営の仕組み

所有している土地の活用方法について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。土地を売却するにも、なかなか買い手が見つからないことも多いでしょう。土地活用を検討している人の中では、駐車場経営に興味がある人もいるのではないでしょうか。

駐車場経営とは駐車場を提供して、駐車料金が収入になるという土地活用の方法です。多額の初期費用が必要ではないため、比較的簡単に始められるメリットがあります。また、駐車場経営には大きく分けて、月極駐車場とコインパーキングの2種類が考えられるでしょう。それぞれの特徴と初期費用の違いなどを説明します。

月極駐車場の経営に必要な初期費用

月極駐車場は月単位で個人や法人と契約し、毎月安定して賃料収入を得られます。月単位での契約となるため、空室が出た場合はその分、収入が減ってしまう点も注意が必要です。しかし、月極駐車場は大きな機械が必要ないため、少ない初期投資で始められます。また、月極駐車場を運営するにあたっては、2通りの方法があるため解説しましょう。

個人で運営する方法

個人で運営するには、所有している土地を自動車が駐車できるように舗装する必要があります。たとえば、アスファルトで舗装したり、白線を引いて駐車スペースをわかりやすくしたりする工事が必要です。土地の広さや駐車スペースの数にもよりますが、舗装工事には約200~500万円ほどの初期費用がかかります。未舗装のままで運営することも可能で、その場合はとくに工事なども発生しないため、初期費用0円で始められるでしょう。

しかし、未舗装のままでは、利用者とトラブルになることもあります。未舗装が原因で利用者の車を傷つけたり、事故が起きてしまったりした場合は、対応しなければいけません。また、個人で運営する場合、駐車場の清掃や巡回なども自分で行う必要があります。その他、利用者同士の事故やトラブル処理、クレーム対応などもすべて行わなければなりません。

とくに問題となりやすいのが、集金作業、不正駐車、ゴミの不法投棄です。個人で運営する分、収益はすべて自分のものになりますが、労力と時間がかかってしまいます。毎日駐車場を掃除したり、巡回して確認したり、借主からクレームの連絡があった場合は対応する必要があるのです。

管理会社による一括借り上げ

管理会社による一括借り上げという方法もあります。これは、土地を管理する会社に貸すという方法です。この方法はあくまでも、駐車場を管理している会社に土地を貸すだけなので、駐車場をつくる初期費用は管理会社が負担してくれます。

したがって、初期費用をかけずに始められるでしょう。また、個人運営の場合は空室が多いと、その分収入が減ってしまいますが、管理会社による一括借り上げの場合は、毎月安定して賃料収入を得られます。管理会社より固定で賃料が支払われるからです。

さらに、駐車場の清掃やメンテナンスだけでなく、集金作業やクレーム対応なども管理会社が行ってくれるため、無駄な労力と時間が必要ありません。初期費用資金や時間がない方でも駐車場経営を始められるのが一括借り上げの特徴です。

コインパーキングの経営に必要な初期費用

月極駐車場は、月単位で個人や法人と契約して収入を得る方法です。一方、コインパーキングは個人で始めるのにはハードルが高いといわれています。コインパーキングに必要な機器を導入したり、24時間管理したりする必要があるからです。個人で24時間対応のコールセンターや警備会社と契約すると、さまざまなコストと手間がかかるため、個人ですべてを行うことには無理があるでしょう。

したがって、コインパーキングでは管理会社による一括借り上げが一般的です。コインパーキングの場合も管理会社による一括借り上げであれば、初期費用は管理会社が負担してくれます。管理会社が初期費用を負担してくれるため、すでに土地を所有している人は0円で駐車場経営を始められるようです。

そして、駐車システムを管理する機器のメンテナンスが必要ですが、メンテナンスは管理会社が行ってくれます。コインパーキングには料金精算機や遠隔システム、電動の車止め、各種決済用の端末が必要です。これらはすべて日ごろのメンテナンスが必要でしょう。また、駐車場利用者からのクレームやトラブル発生時なども、管理会社のコールセンターが365日24時間対応してくれます。初期費用の負担から駐車場設置後の管理を専門会社が行ってくれるため、気軽に駐車場経営を始められるのです。

 

駐車場経営は月極駐車場とコインパーキングの2種類が一般的です。さらに、個人で運営するのか、管理会社に一括借り上げしてもらうかによっても、初期費用やメンテナンスが異なるでしょう。個人の場合は空室がなければ収入が多くなることもありますが、日ごろの清掃やメンテナンス、トラブル対応などをすべて自分で行う必要があります。一方、一括借り上げの場合は初期費用が必要なく管理もすべて管理会社が行うため、気軽に始められるでしょう。また、駐車場に空室があったとしても、毎月安定して賃料収入を得ることができるため、ローリスクで始めることができるのも特徴です。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索