駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

意外と分からない?駐車場経営の利回りについて知ろう!

公開日:2021/11/15


駐車場経営をする上で出てくる「利回り」ですが、何のことかご存じでしょうか。「そもそも利回りって何?」「利回りってどうやって計算するの?」と疑問に思う方もいるでしょう。駐車場経営できちんと利益を出すには、利回りの知識や計算方法は欠かせません。この記事では、利回りの意味や計算方法を解説するのでぜひ参考にしてください。

利回りとは

「利回り」とは収益性を表した数値のことで、分かりやすくいうと「投資した金額に対する収益の割合を1年あたりの平均値にした数値」のことです。駐車場経営をしようと考えたときに、借り手がいて毎月多くの収入を得ることができても、初期投資がかさんでいたら、いつまでも投資分を回収することができません。

反対に、毎月の収入が少なくても初期投資がほとんどかかっていなければ、利益を上げることができるでしょう。初期投資と収入がどのような関係になれば駐車場経営がうまく行くのかを検討するときに「利回り」が重要な指標となります。駐車場経営で利益を上げるためには利回りを考えることがとても重要です。

駐車場経営の利回りの種類

利回りには「表面利回り」と「実質利回り」という2種類の表現があります。表面利回りはよかったが、税金が高く思ったように利益が出なかったということもあるので、2つの計算方法の違いをよく理解しておきましょう。

表面利回り

表面利回りはグロス利回りとも呼ばれ、1年間の駐車場収入を初期費用で割ったものです。[表面利回り(%)=年間駐車場収入÷(土地価格+初期費用)×100]の計算式で算出します。実際の契約台数や稼働率に関わらず満車時の賃料収入で計算しているので実質利回りよりもシンプルに計算でき、すぐに利回りを知りたいときに便利です。

初期費用に関しては、月極駐車場やコインパーキングなど駐車場の形態によって異なり、個人で運営する場合と運営会社に委託する場合で大きく変わってきます。主な初期費用を見てみると、アスファルト舗装などの土地整備費と看板設置費、機器の設置工事費がほとんどのようです。計算式の中にある土地価格ですが、すでに土地を所有している方が駐車場経営を始める場合は土地購入費用が0円となり、相続などによって土地を所有することになったのであれば、相続税が初期費用に該当します。

土地購入から駐車場経営を検討している方には、表面利回りが1つの判断材料になるでしょう。しかし、表面利回りには「正確性に欠ける」という欠点があります。管理委託費や税金、ランニングコストなどを考慮しておらず、契約台数や稼働率に関わらず年間の駐車場収入で計算するためです。より正確な利回りを算出したいという方は次の「実質利回り」を参考にしてください。

実質利回り

実質利回りはネット利回りとも呼ばれ、1年間の駐車場収入からランニングコストを引いた金額を初期費用で割ったものです。 [実質利回り(%)=(年間駐車場収入-ランニングコスト)÷(土地価格+初期費用)×100]の計算式で算出します。表面利回りの計算式に税金や管理委託費などのランニングコストを組み込んだ計算式になるので、よりリアルな数字になります。駐車場運営会社に駐車場管理を委託しようと考えているのであれば、問い合わせると初期費用とランニングコスト(管理委託料金)の見積もりをもらえるので、まずは問い合わせてみるとよいでしょう。

駐車場経営は稼働率が重要

駐車場経営をしてみると分かるのですが、常に満車の状態を保つのはとても難しく、実際には稼働率が40%程度だったりそれ以下だったりと不安定で、常に一定の割合を保つものではありません。しかし、表面利回りや実質利回りの計算ではどちらも駐車場収入は満車時の稼働率100%の状態を仮定して算出しています。より正確な数値を知るためには稼働率を計算式に加えて利回りの計算をしなければなりません。稼働率は月極駐車場とコインパーキングによって考え方が異なります。

一般的に月極駐車場の場合は「駐車場全体の車室数に対して何車室の契約があるか」で考え、コインパーキングの場合は「24時間のうち何時間駐車されていたか」で考えます。実施に経営を始めてみないとどれくらいの稼働があるかは算出できませんが、仮に70%の稼働率と仮定した場合の実質利回りの計算式は[実質利回り(%)=(年間駐車場収入×70%-ランニングコスト)÷(土地価格+初期費用)×100]となります。

まとめ

利回りは「投資した金額に対してどれくらいのリターンがあるのかを数値化したもの」です。個人で経営する場合でも、運営会社に経営を委託する場合でも、利回りに関する知識は欠かせません。土地購入から駐車場経営を検討している方にはシンプルに計算できる表面利回りが判断材料となりますが、ランニングコストを考慮した正確な利回りを知りたい場合は、実質利回りを参考にして後悔のない事業計画を立てましょう。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧