駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

駐車場経営するには資格が必要?持っていると有利な知識とは

公開日:2021/03/01


副業として「駐車場経営」を始める人は近年増えてきているようです。初期費用が比較的安価におさえられるため、大きなリスクがなく始められる「駐車場経営」はおすすめの副業だといえるでしょう。「駐車場経営」を始める際、「資格は必要?届け出や申請はどうしたらいいの?」など不安になるのではないでしょうか。この記事を参考にしてください。

駐車場経営をするために資格は必要?

駐車場経営に資格はとくに必要ありません。そのため、副業として心配なく始められるでしょう。特別な資格が必要ない点が、駐車場経営が副業におすすめの理由の1つです。

駐車場経営では、届け出や申請が必要な場合がある

駐車場経営をはじめる際に資格は必要ありません。しかし、経営する駐車場や経営方法によっては、届け出や申請が必要な場合があります。どのような場合に届け出や申請が必要なのでしょうか?

届け出や申請が必要な場合

まず月極駐車場の場合、届け出は必要ありません。コインパーキング経営においては、届け出が必要になる場合がありますので確認しておきましょう。コインパーキング経営を始める場合に、事前に役所に届け出をして営業許可を得る必要があるのは以下の2つです。

・500㎡(約150坪)以上の規模の大きいコインパーキングを経営する場合
・管理規定者になる場合、また500㎡以上の大規模なコインパーキングを運営する場合は以下の3つの条件を満たしている必要があります。
・不特定多数が利用できる駐車場
・都市計画区域内にある
・利用料金を徴収するもの

都市計画区域とは都道府県の中心部にある、行政による計画的な市街化を図るエリアのことです。

駐車場経営する際、持っていると有利な資格

駐車場経営に資格は必要ありませんが、持っていると有利な資格はあります。どのような資格をもっていると有利なのでしょうか?今後長期間にわたって駐車場経営を続けていきたいと思っている人には、経営者としてお金の動きや税金について詳しく知る必要があります。そのため、簿記の資格があれば有利になるでしょう。

簿記の資格があればできること

たとえばコインパーキング経営では、日々収益が変動します。周辺環境・時期・価格設定などさまざまな要因で変動しますが、「なぜこの月の売上数字は悪いのか?」という理由を日々の経営記録から読み取り、対処しないといけません。簿記の知識があれば、複雑な事情でも数字で客観的に判断できます。駐車場経営を長く維持するためにも、簿記の知識があれば有利に働くでしょう。

そのため、簿記検定2級程度の知識を身につけることをおすすめします。1級だと難易度が高すぎるので、経営のためだけにとる必要はありません。逆に3級では、初歩的な知識しか身につかないので経営管理まで行うのは難しいでしょう。そのため、簿記検定を受けるならまずは2級を目指してください。2級に合格すれば、数字を用いた経営シミュレーションができるようになります。また簿記の資格にプラスアルファとして、法律の知識を身につけることもおすすめです。どのような法律の知識が必要なのでしょうか?

知っておくと有利な法律

まずは「駐車場法」が挙げられます。駐車場法とは、駐車施設の整備に関する事項を定めた法律です。駐車場法に反する駐車場は経営できないため、必ず確認するようにしましょう。とくに損害賠償の項目は注意してください。たとえば駐車場が基準に合っていなかったり、照明の不備があったりする駐車場の場合、所有している駐車場内で起こった事故の過失は管理者にあります。駐車場内に「事故時の注意書き」があればよいというわけではありません。駐車場内でのトラブルに関する条文も含まれているため、知っておく必要があるでしょう。

次に知っておきたい法律は「都市計画法」で、都市の計画的な整備に関する法律です。駐車場経営を行う予定の土地が都市計画区域内でも、駐車場は経営できます。ただし立体駐車場のような構造の場合、行政から許可を得なければいけません。都市計画区域内では建物を建てることが制限されるからです。近隣環境によっては、駐車場需要が見込めなくなってしまう可能性があるので、知識を得ておきましょう。

次に知っておきたい法律は「道路交通法」です。とくに経営する予定の駐車場がコインパーキングの場合、必要となります。たとえ私有地であっても「一般交通の用に供する道」と判断されるので、道交法の適用内になるのです。駐車場内の逆走や事故、飲酒運転も取り締まる必要があります。道交法の知識がないまま駐車場を経営してしまうと、管理者の過失が認められると責任を負わないといけません。トラブルを未然に防ぐためにも道交法は学んでおきましょう。

 

駐車場経営をはじめる際、「資格」は必要ありません。経営する駐車場や経営方法によっては届け出や申請が必要な場合があります。また資格は必要ありませんが、駐車場経営を行なう上で簿記(2級)の資格を持っていると有利です。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧