駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

駐車場経営を始める前に必ず知っておきたい基礎知識と儲かるコツ

公開日:2021/08/05

近年人気が増している土地活用ビジネス。数ある中でも駐車場経営に興味をお持ちの方も多いでしょう。しかし、それと同時に「駐車場経営の種類は?メリットは?」「他の土地活用ビジネスと比較して優れているの?」と疑問をお持ちではありませんか?そこで、この記事では、駐車場経営の種類やメリット・デメリット、始める上で知っておくべきことについて、他の土地活用ビジネスとも比較しながら解説していきます。駐車場経営に興味のある人は必見です!

駐車場経営にはどんな種類がある?

まずは駐車場経営の種類について整理していきましょう。2つ種類があるので、それぞれ見ていきますね。

月極駐車場の経営

まず、月極駐車場の経営が種類の1つとしてあります。月極駐車場とは、駐車場のオーナーと利用者が1月単位で契約を結び、駐車場所を貸し出す駐車場のことです。住宅地や飲食店の近くに設置されていることが多く、自宅に駐車スペースのない人や、車で来店する顧客の駐車スペースを確保したい飲食店のオーナーに人気があります。

コインパーキングの経営

次に、コインパーキングも駐車場経営の種類の1つです。このタイプの駐車場では、オーナーと利用者が月単位で契約するのではなく、不特定多数の人に駐車スペースを提供します。また、月単位の契約ではなく時間単位で料金を設定することが一般的です。コインパーキングは人の往来が盛んな繁華街やアミューズメントパークの近くから住宅街まで様々な場所に設置されており、幅広い層に人気のある駐車場として知られています。

駐車場経営のメリットとデメリットとは?

では、種類に続いて駐車場経営のメリットとデメリットを整理していきましょう。

駐車場経営のメリット

まず、駐車場経営は初期投資が少なくすぐに収益化できるというメリットがあります。駐車場は車を置くスペースなのでこれといった大がかりな設備は必要なく、必要になる費用はかなり安いです。特に、月極駐車場の場合はロープで駐車スペースを区切っただけのものも多く、初期投資がほとんどかからないことも珍しくありません。

また、必要な設備が少ない分、すぐに駐車場として貸し出しでき、すぐに収益をえることができます。他の土地活用ビジネスだと、建物を立てたり大量の設備を設置したり、初期投資にまとまった資金が必要なりますし、建物や設備をそろえる分、始めるまでに時間がかかることが普通です。その点、駐車場経営は優れているといえるでしょう。初期投資が少なさと収益化が早いことに加え、災害リスクが低いこともメリットの1つです。上記の通り、駐車場経営に必要なのは土地と少しの設備ですので、災害が起きても被る被害が少なく済みます。

例えば、地震が起きても倒れるものはほぼないですし、台風の風で何かが破損することも少ないです。他の土地活用ビジネスの場合、災害で設備が破損したり建物が倒壊したりするリスクが大きく、もしそうなった場合には何千万の損害を被ることも珍しくありません。この点を考慮すると、駐車場経営は比較的災害リスクが低く、台風や地震で損害が発生することが少ない優秀なビジネスだといえます。

駐車場経営のデメリット

メリットにあわせてデメリットも確認していきましょう。まず、駐車場ビジネスのデメリットは税金負担が大きいことが挙げられます。マンションやアパートを経営する場合、固定資産税の減税対象になりますし、場合によっては相続税も安く抑えることが可能です。しかし、駐車場経営の場合、税金面で優遇措置を受けられることはほぼなく、他の土地活用ビジネスに比べ税金が多くかかってしまいます。この点は駐車場経営のデメリットだと言えるでしょう。また、収益性が低いこともデメリットだと言えます。

駐車場経営をする場合、数万円で月に数十台の自動車の利用や1時間数百円で月に数百台の自動車が利用するケースがほとんどで、発生する収益はそこまで多くありません。月に数十万円が限界です。対して、マンションやアパートを経営する場合、10万円前後の家賃で数十人の人が利用しますので、何百万という利益を出すことが可能です。この点を見てみると、駐車場経営は土地利用効率が悪く、他の土地活用ビジネス比べて収益性は低くなります。

駐車場経営で知っておきたい5つのポイント

上記の通り、駐車場経営はデメリットもありますが、堅実で安定した土地活用ビジネスで始める価値は十分にあります。興味がる方は始めてみて損はないでしょう。ただし、始めるにあたって注意すべきポイントが5つありますので、それを皆さんにお伝えしていきます。これから駐車場経営を始める人にとってはかなり参考になる内容ですので、ぜひ目を通してもらえればと思います。

料金設定は近隣の相場を参考に

まず、料金設定は近隣の相場を参考にしてみましょう。周囲の料金と大きく離れた価格で料金設定をしてしまうと顧客が獲得できず、収益性が低くなってしまいます。例を出すと分かりやすいので例を出して考えてみますね。例えば、月極駐車場を経営するとして、近隣の設定価格が月額3万円だったとします。そこで、自分の駐車場の価格を月額6万円に設定するとどうでしょう。近隣に比べて2倍も高く、多くの顧客は近隣の駐車場を使用したいと思うはずです。こうなると、顧客を獲得することができず、十分な収益を得られません。

そのため、料金設定は近隣の相場と同じくらいか少し安めに設定しておくといいでしょう。なお、近隣よりも安い価格に設定する場合にも注意が必要です。安く設定することで顧客の増加は見込めますが、その分、収益を上げることが難しくなってしまいます。こちらも例を出して考えてみますね。例えば、近隣の月極駐車場の料金が5万だとして、自分の駐車場を1万に設定したとします。おそらく、顧客は月1万円しかかからない駐車場を利用するはずですが、これでは10人の顧客を獲得しても10万円にしかなりません。経費を考えると手元に残るお金はさらに減るでしょう。

このように、安易に駐車料金を下げすぎてしまうと、十分な収益が確保できず経営に失敗してしまいます。そのため、駐車料金の価格は下げすぎないようにしましょう。ざっくりとでもいいので、自分が目標とする収益額を設定し、周囲の駐車場の料金も参考にしつつ、自分の駐車場の料金を設定してみると適切な価格に設定できますよ。

表面利回りと実質利回りの違いに注意

表面利回りと実質利回りも駐車場経営では重要なポイントの1つです。両方とも聞きなれない言葉なので意味を解説しておくと、表面利回りは駐車場経営の売上のことを指し、実質利回りは駐車場経営で得られた売上から設備費や管理費を引いた金額を指します。要は、「駐車場経営で発生した売上」と「最終的に手元に入ってくるお金」ということです。この2つのうち、駐車場経営では実質利回りが大事になってきます。やはり、表面利回りだけ意識していると、収入を増やすことが難しくなってしまいますので。少し例を出して考えてみましょう。

例えば、駐車場Aでは月の売り上げが20万あり設備費が8万、駐車場Bでは月の売り上げが15万あり設備費が2万だとします。一見すると駐車場Aの方が儲かっていそうですが、設備費を考慮すると駐車場Bの方が、最終的に手元に入ってくるお金がおおいです。このように、表面利回りだけ意識していると収益を最大化するのが難しく、効率よく駐車場経営をすることができません。もちろん、表面利回りも大事な要素ですが、表面利回りに加えて実質利回りも意識することで、最終的な収入を増やしやすくなります。経営を行うためにも、ぜひ表面利回りと実質利回りの違いを理解し、効率よく駐車場を経営できるように努めましょう。

立地と駐車場形態の相性が重要!

立地と駐車場形態の相性も忘れてはいけないポイントです。駐車場経営と一口に言っても、立地によって選択すべき駐車場形態は大きく変わってきます。こちらも少し例を出して説明していきますね。例えば、繁華街に駐車場経営を始めるとします。この場合、収益が見込めそうなのはコインパーキングか月極駐車場かどちらでしょうか。答えはコインパーキングです。繁華街に車を駐めておきたいと思う人は繁華街を一時的に訪れる人が大半で、ずっと繁華街に置くことはしないですよね。そのため、選択すべき形態は、不特定多数の人が時間制で利用できるコインパークになります。このケースで月極駐車場を選択しても、車を繁華街に常駐させる人はほぼいないでしょから、大きな収益は得られないでしょう。

このように、立地と駐車場形態の相性の良さは収益を確保するうえで重要な要素です。駐車場経営の際には、適切な駐車場形態を選択することを心がけましょう。周囲にどういう駐車場があるかをリサーチしたり、どういう場所に立地しているかを考えたりしながら駐車場形態を探ってみてください。なお、ざっくりとした指標ですが、繁華街に近い土地であればコインパーキング、住宅街周辺であれば月極駐車場の需要が高いので、駐車場を選択する際には参考にしてみてください。

税金の計算も忘れずに

税金の計算も駐車場経営をする上ではとても重要です。土地活用ビジネスには必ずついて回る話ですが、土地を利用して収益を得ると様々な種類の税金が発生することになります。そのため、税金の計算をしっかり行うことで、駐車場経営から実質的にどれくらいの利益が得られるのかを算出でき、利益率を最大化しやすくなるのです。そのため、駐車場経営を行う際には、税金でどれだけマイナスになるかを計算しつつ、効率よく利益を追求するようにしましょう。なお、駐車場経営では、「固定資産税」「所得税」「消費税」「都市計画税」が発生します。加えて、誰かから駐車場を譲り受けた場合、「相続税」も発生することになります。どのような税金が発生するのか、ざっくりでもいいので頭に入れておくと効率よく駐車場を経営できます。

また、売上額や土地の広さで支払う税金の額は変動しますので、自分が運営する際にどれくらいの税金がかかるかも想定しながら経営をすすめるといいでしょう。なお、場合によっては駐車場経営にかかる税金を安く抑えることも可能ですので、節税の方法もリサーチしておくことをおすすめします。

経営方法は一括借り上げと自営どちらがいい?

経営方法も駐車場経営を成功させるためには一括借り上げと自営のどちらを選択するかも重要です。少し言葉の意味を説明しておくと、一括借り上げとは、駐車場経営を企業に委託し、そこで発生した収入の一部を得る方式で、自営とは、その名の通り経営のすべてを自分で行うことを指します。この2つのどちらがいいかですが、これは皆さんの目的によってバラバラです。少しケースごとに整理してみますね。まず、経営の手間を省きたい人や安定した収入を得たい人は一括借り上げがおすすめです。

一括借り上げの場合、経営戦略の立案や改善など業務に関わる様々な部分を企業が代行してくれるため、経営のために自分ですべきことを少なくすることが可能です。加えて、代行企業から自分ぶ手渡される収入は固定額となり、売り上げが立たない月があっても収入を保証してもらえます。自営の場合、業務はすべて自分でこなさなければなりませんし、駐車場の利用者が少ない月には得られる収益も下がってしまいます。そのため、経営の手間を省きたい人や安定した収入を得たい人は一括借り上げを選択してもらうといいでしょう。

次に、収益を最大化したい人は自営がおすすめです。自営で駐車場経営を行う場合、企業にお金の一部を徴収されることなく、発生した収益の全額を受け取ることができます。もちろん、効率よく経営する力は必要ですが、やり方次第では収益を大きく伸ばすことが可能です。逆に一括借り上げの場合、どれだけで収益が増加したとしても、固定給なので得られるお金が増えることはありません。そのため、収益を最大化させたい人は自営で駐車場経営をしてみるといいでしょう。皆さんの目的と照らし合わせつつ、どちらが自分に合っているか考えながら経営方法を選択してみてください。なお、後でも詳しく説明しますが、もし経営方法に迷ったら一括借り上げがおすすめです。とりあえず安定した収入が得られますし、業務にかける手間が省けます。どちらの経営方法がいいか迷ったら、一括借り上げを選択しておけば間違いありません。

駐車場経営以外の土地活用との比較

ここからは駐車場経営以外の土地活用と駐車場経営を比較していきますね。駐車場経営以外の土地活用ビジネスにも興味がある人はかなり参考になる内容です。サラッとでいいので目を通してもらえると、皆さんの土地活用ビジネスでの成功の大きなサポートになりますよ。

賃貸マンション・アパートの経営

まずはマンション・アパート経営と比較していきましょう。駐車場経営と比較した場合、マンション・アパート経営は税金が安くなる傾向にあります。特に、マンション・アパート経営では固定資産税を減税することができ、節税という面では駐車場経営より優れているのが特徴です。駐車場経営でも減税の方法は存在しますが、厳しい条件が設けられているため減税をするのは簡単ではありません。そのため、税制の面では賃貸マンション・アパートの経営の方が駐車場経営よりも優れているといえるでしょう。

加えて、収益性もマンション・アパート経営の方が優れています。上記でも少し触れましたが、駐車場経営の場合、数万円で十数人、もしくは数百円で数百人に土地を貸し出すので、何百万という大きな利益を出すのは難しいです。対して、マンション・アパート経営の場合、10万円前後の家賃で数十人に部屋を貸し出すので、大きな利益が見込めます。このように、賃貸マンション・アパートの経営では大きな利益を出しやすく、収益性の面では、マンション・アパート経営の方が優れているといえるでしょう。

ただし、賃貸マンション・アパートの経営いい側面に加えて悪い側面ももちろんあります。まず、マンション・アパート経営の場合、駐車場経営に比べて初期投資にまとまった資金が必要というのが悪い側面の1つです。駐車場経営は土地と少しの設備があれば始められますが、マンション・アパート経営は建物の建築費や設備費にかなりの額の費用がかかります。場合によっては数千万に及ぶことも少なくありません。初期投資の安さの面では駐車場経営の方が優れているといえるでしょう。加えて、マンション・アパート経営は災害リスクが大きいことも否めません。

もし、地震や台風などで建物や設備に損害が出た場合、数千万円の補修費用を負担することになることがあります。一方、駐車場経営の場合、そもそも災害で被害を受けることが少なく、受けたとしても設備を少し補修する程度で済むことが多いため、補修費用は安くで済むケースが多いです。このように、駐車場経営はマンション・アパート経営よりも災害による損害の補修費用が安く、災害リスクは低いといえるでしょう。「土地活用ビジネスで大きく儲けたい!」という目的でない限り、駐車場経営の方が様々な面でメリットが大きいのでおすすめです。

コインランドリーの経営

続いて、駐車場経営とコインランドリー経営についても比較していきましょう。まず、駐車場経営とコインランドリー経営を比較した場合、駐車場経営の方が初期投資が安いです。先ほどから書いているように、駐車場経営は土地と少しの設備さえあれば十分なので、初期投資は少ない資金で済みます。ですが、コインランドリー経営の場合、洗濯機や乾燥機などの設備をかなりの台数設定する必要があるので、どうしてもまとまった額の資金が必要になります。コインランドリーの規模にもよりますが、初期投資が数百万になることも少なくありません。

この点を考慮すると、初期投資の面では駐車場経営の方が優れていると言えますね。また、駐車場経営とコインランドリー経営を比較した場合、駐車場経営の方が短期的に収益を上げやすいです。立地に左右される部分も大きいですが、駐車場経営は運営を開始したその日からある程度の来客が見込めます。そのため、初月からそれなりの額の収益を得ることが可能です。対して、コインランドリーの場合、固定の利用客を獲得するのにかなりの時間がかかるため、運営開始直後からしっかりと収益を確保することは難しいです。経営開始から数ヶ月間はまとまった収益が得られないことも少なくありません。このように、駐車場経営はコインランドリーに比べて早くまとまった額の収益が発生し、短期的に収益を獲得しやすいという特徴があります。

ただし、税金の面では駐車場経営よりもコインランドリー経営の方が優れていると言えるでしょう。上記でも何回か触れましたが、駐車場経営は減税対象になることが少なく、節税するのは難しいケースがほとんどです。ですが、コインランドリー経営の場合、小規模宅地等の特例を適用できるケースが多く、相続税を安く抑えることができます。税制の面ではコインランドリーの方が優れていると言えるでしょう。これらを総合して考えると、「相続税を抑えたい」「長期的な目線で土地活用ビジネスをしたい」という方にはコインランドリー経営の方が向いており、相続税とは無関係の人や短期でまとまった収益を得たい方には駐車場経営の方が向いているといえます。

トランクルームの経営

ではトランクルームの経営とも比較していきましょう。駐車場経営とトランクルームの経営を比較した場合、両者はかなり似通った特徴を持っていると言えます。両者とも節税対策がしにくく、初期投資にそこまで資金が必要ではありません。加えて、大がかりな建物や設備が必要ないため、経営をすぐに開始することができます。ただし、駐車場経営の方がトランクルームの経営よりも短期的に収入を得やすいケースが多いです。駐車場経営は運営を開始した月から多くの顧客を獲得できる可能性がありますが、トランクルーム経営の場合、リピーターを確保してからでないとまある程度の額の収益は発生しません。そのため、トランクルームは長期的な目線での経営に向いており、駐車場経営はの方が短期的に収益を確保することができます。収益確保の面では駐車場経営の方がスタート力があるといえるでしょう。

ただし、顧客との間に発生するトラブルの側面から考えると、トランクルーム経営の方がトラブルは少ないと考えられます。トランクルームは顧客の私物を厳重に保管できるので、私物が傷ついたり盗難されたりといった問題はほぼ発生せず、顧客と間でのトラブルに繋がりにくいです。一方、駐車場経営の場合では車は外に放置されるため、車が傷つけられたり、車の部品や車内の荷物の盗難が発生することがあり、顧客との間でトラブルに発展する可能性があります。この点を考慮すると、駐車場経営の方がトランクルームの経営よりも顧客とのトラブルに繋がることが多いと言えます。これらのことを総合して考えると、長期的な目線で土地を活用したい人や顧客とのトラブルを極力減らしたい人はトランクルームの経営に向いており、短期的に収益を確保したい人は駐車場経営に向いています。ただし、トランクルームは土地の転用が容易なため、どちらを選択するかは柔軟に考えてみるといでしょう。

太陽光発電の設置

最後に、太陽光発電の設置とも比較してみましょう。まず、駐車場経営と太陽光発電を比較した場合、駐車場経営の方が将来性があるといえます。駐車場経営を行う場合、ある程度の人数の顧客と契約したり、好立地の土地を確保したりすることができれば、今後も安定した収益を見込めます。一方、太陽光発電で今後もまとまった収益が得られるのかは不透明です。太陽光発電で収益を得る場合には電力会社に電気を売ることになるのですが、売電価格は年々下落しています。そのため、太陽光発電を設置しても将来的には収益を確保できな可能性があるのです。この点、駐車場経営の方が今後の見通しが立ちやすいといえるでしょう。将来性に加えて、初期投資の安さの面でも駐車場経営の方が優れています。他の土地活用ビジネスとの比較で説明した通り、駐車場経営は設備費が安いため初期投資にお金がかかりません。

一方、太陽光発電を設置する場合、ソーラーパネルを設置することになり、そのためのお金がかかります。もちろん、ソーラーパネル設置には補助金が出るので莫大な費用がかかるわけではありませんが、駐車場経営以上の初期投資が必要なケースが多いでしょう。このように、初期投資の面では駐車場経営の方が太陽光発電の設置よりも優れています。ただし、駐車場経営と太陽光発電を比較した場合、太陽光発電は立地に関係なく収益を生みやすいというメリットがあります。太陽光発電は太陽の光が当たる場所であればどこでも発電が行えるので、田舎や都会など関係なく収益を得ることができます。一方、駐車場経営の場合、ある程度人が住んでいる場所でないと顧客が集まらず、収益が発生しません。立地と収益との関係性の面では、駐車場経営よりも太陽光発電の設置の方が優れていると言えるでしょう。加えて、太陽光発電を設置する場合、宣伝を行う必要がないというメリットもあります。太陽光発電は電気を電力会社に売るビジネスであり、一般の顧客を相手にするわけではありません。そのため、太陽光発電を設置したことを周囲の人に知ってもらう必要がないのです。一方、駐車場経営の場合、駐車場の利用者を獲得する必要がありますので、運営開始直後は盛んに宣伝を行う必要があるでしょう。

このように、太陽光発電を設置する場合は宣伝をする必要がなく、この点は手間いらずだといえます。以上のことを総合して考えると、土地の立地が悪い人や宣伝を行うのが面倒な人は太陽光発電を設置するのに向いています。対して、土地の立地がいい人や将来性の見通しをもって土地を利用したい人は駐車場経営が向いているといえるでしょう。

駐車場経営は専門会社に任せるべき?

では「駐車場経営は専門会社に任せるべきなのか?」ということも解説しておきます。駐車場経営の方法は自営が一般的かもしれませんが、実は初心者の方は専門会社に経営を任せた方がメリットが大きいです。下記で詳しく解説するので内容に目を通してみてください。

駐車経営を始めるまでの手間を解消できる

まず、駐車場経営を始めるまでの手間を解消できるというメリットがあります。駐車場経営を専門が会社に任せる場合、駐車場経営をするのに設備の設置や税金の申告など、経営のあらゆる部分を代行してもらうことが可能です。そのため、駐車場経営を開始するために必要な準備を最小限に抑え、手間いらずで駐車場経営を開始することができます。対して、自営の場合、設備の設置や税金の申告など、駐車場を経営するうえで必要なことはすべて自分で行う必要があるため、経営を始めるまでにかなりの労力がかかります。特に税金関しては専門的な知識が必要になるため、様々なサイトや本でリサーチを行う必要が出てくるでしょう。

この点、駐車場経営を自営で行うのはかなり大変で、専門会社に任せた方が手間をかけずに駐車場経営を開始することができます。正直、経営に不慣れな人がいきなり経営を始めるにはかなりの労力がかかりますので、経営をしたことない方にとってはとても価値のあるサービスだといえるでしょう。

トラブル時も安心

次に、トラブルが起きても安心ということもメリットの1つです。駐車場経営でトラブルが連発することは少ないと思いますが、多少なりともあるのは事実で、その時に専門会社に任せているとトラブルの対処がとても楽です。専門会社に経営を任せると場合、トラブルの仲介も行ってくれるため、自分でトラブルに対処する必要がなくなります。例えば、「駐車場の駐めていた車のカーナビが盗まれた」という問題が発生しても、クレーム対応から処理までトラブル解決までに必要な手続きの大部分を専門会社が代行してくれるのです。自ら対処しなければならない部分はかなり減るでしょう。

対して、自営の場合、クレーム対応から問題の全体的な処理まで様々なことを全て自分で行う必要がありますので、労力がかかります。また、場合によっては法律の専門知識が必要になることも多く、トラブルに対応するのが難しいことも少なくありません。このように、トラブル発生時のことを考えると、自営よりも専門会社に経営を依頼しておいた方が、トラブル解決の手間が省けますし、解決もスムーズに進みます。自分でトラブルを解決できるが不安な方は、専門会社に経営を任せることを検討して損はないでしょう。

まとめ

今回は駐車場経営の種類やメリット、その他の土地活用ビジネスとの比較を行っていきました。駐車場経営は月極駐車場とコインパーキングの2種類が存在し、収益化が早く災害リスクが低いというメリットがあります。加えて大がかりな設備や建物を導入する必要がないので、初期投資にそこまでお金をかける必要はありません。一方、節税をするのが難しく、何百万という莫大な収益を得ることは難しいというデメリットもあります。このように、駐車場経営にはメリットとデメリットがありますが、総合して考えると、手軽に経営を開始でき安定した収入を得られる優れた土地活用ビジネスだといえるでしょう。ぜひ、駐車場経営のポイントや他の土地活用ビジネスとの比較も参考に、駐車場経営を始めてみてください。

また、駐車場経営を始める際には、ぜひ専門会社に委託することも検討してみましょう。プロにサポートしてもらえるので、自分で経営するよりもスムーズに収益化できますよ。経営に少しでも不安がある方は専門会社を利用してみて損はないかと思います。話を聞くだけでも構いませんので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧