駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

駐車場経営は儲からない?継続的に稼ぐポイントとは

公開日:2021/03/15


初期費用の負担が比較的少ないことから、「駐車場経営」は比較的始めやすいビジネスだといわれています。中には、駐車場経営を検討している人もいるでしょう。「駐車場経営」は実際のところ儲かるのか?儲からないのか?または、儲かる方法はどのような方法なのか?駐車場経営を行って継続的に稼ぐコツを解説するため、参考にしてください。

駐車場の需要は大きい

駐車場の需要は増加傾向にあるといえます。自動車の保有台数は2011年時点では7,866万台でしたが、令和2年11月末の自動車保有台数は約8,200万台にまで増加しているのです。それだけ、月極駐車場やコインパーキングを利用すると見込めるターゲットが増えているということにもなるでしょう。

これに対し、コイン式駐車場の車室数は約118万車室となっており、市場規模は拡大していますが、供給不足の状態にあるようです。この状態は、ビジネスチャンスが現在の駐車場経営には潜んでいるといえるでしょう。また、2006年の道交法改正により、駐車場利用者数は増加したといわれています。

駐車違反の確認を民間へ委託できるようになって、取り締まりが法改正前より厳しくなり、路上駐車をする人が減ったためです。これまで路上駐車をしていた人たちが、駐車場を利用し始めていると想定できるでしょう。今後、違法駐車に対しての法律が緩和される可能性は少ないと見込まれ、車が必要とされなくなることもないでしょう。従来以上に駐車場のニーズが増えると考えられるのではないでしょうか。

駐車場経営はどれくらい儲かる?

駐車場経営といっても、経営形態はさまざまです。大きく分けると「月極駐車場」と「コインパーキング」の2種類があって、さらにコインパーキングにも異なるものがあります。それぞれのメリット・デメリットや収入の違いを比較しましょう。

月極駐車場とコインパーキングどっちが儲かるの?

駐車場経営の形態には、月単位で自動車1台ごとに契約する「月極駐車場」と、時間単位で貸す「コインパーキング」があります。月極駐車場の場合では「1台分の金額×契約台数」が収入です。コインパーキングの場合は時間計算になります。

コインパーキングは、一時的に駐車したい人が多い駅前や、商業施設の近くなどの立地に土地を所有している場合に向いている形態です。時間単位で貸し出すため、立地によっては稼動し続けることができ、高収入につながる可能性もあります。

月極駐車場は空きが出ると、その分の収入はゼロになります。好立地の場合、コインパーキングなら駐車場ニーズが比較的高いため、客単価がアップするでしょう。実際、月極駐車場からコインパーキングに変えて儲かった事例もあります。

月極駐車場からコインパーキングに変えて儲かった事例

駅近の好立地で、全部で16台収容の月極駐車場のうち、ずっと空いていた6台分をコインパーキングに変更した事例を紹介しましょう。

・変更前:月極16台(契約は10台)40,000円×10台=400,000円/月合計400,000円/月
・変更後:月極10台+コインパーキング6台40,000円×10台=400,000円/月

60,000円×6台=360,000円/月合計760,000円/月360,000円収入がアップしたようです。ただし立地によっては、周辺に建物が少なくコインパーキングの需要が少ない場所であれば、月極駐車場として稼ぐ方が多くの収入になる可能性もあります。重要なことは、立地に応じた経営方法を選択することでしょう。

駐車場経営で継続的に稼ぐポイント

駐車場経営で継続的に稼ぐポイントは何でしょうか?駐車場経営を成功させるカギは立地条件で、その土地に合った経営方法を選択することが重要です。遊休地があるといっても、その土地がコインパーキングに向いていなければオープンしても意味はありません。それではどういう場所が向いているのでしょうか?

商業施設や娯楽施設が多く集まる場所が典型的な好条件ですが、繁華街でも駐車施設を持たない店舗が密集しているような場合はニーズが高いと考えられます。駐車場の運営管理を行っている管理会社は立地条件の調査・分析力がありますので、プロに相談するようにしましょう。需要の増加を受けて、近年ではコインパーキングを多く見かけようになりました。

常駐する管理人がいないのに駐車する車さえあれば、儲けることができるビジネスを、魅力的だと思う人も多いかもしれません。駐車場経営を成功させる近道は、駐車場経営のノウハウをもつパートナーに相談することでしょう。

ビジネスパートナーとなる会社は、駐車場経営をする上でさまざまな支援をしてくれる頼もしい存在です。ただし会社選びを失敗してしまうと、どれほどよい条件がそろった土地を持っていても、赤字になってしまう可能性もあります。そのため、会社選びは慎重に行いましょう。

 

駐車場の需要は増加傾向にあります。ビジネスチャンスをつかむためには、その土地に合った駐車場経営の「方法」があります。「儲かる駐車場経営」をするには、その道のプロによく相談するようにしましょう。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧