駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

駐車場経営で失敗しないために!失敗しないためのポイント

公開日:2021/10/15

手間やリスクの少ない駐車場経営は、人気の土地活用方法です。しかし「駐車場経営を始めたいが、失敗したらどうしよう」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?この記事では、駐車場経営で失敗する理由、駐車場経営で失敗しないためのポイント、駐車場経営する際の注意点について紹介しています。ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

駐車場経営で失敗する理由

駐車場経営は、適切な管理会社選びと適切な料金設定、駐車場経営にかかる税金の確認という3点をしっかり行うことが大切です。ここでは、失敗につながる理由を具体的に見ていきましょう。

口コミを確認せず管理会社を選んでしまった

副業として駐車場経営する場合、業者に管理業務を委託するのが一般的です。管理業務は利用者の募集から賃料の回収、クレーム対応まで多くあるため、信頼できる業者を選ぶことが駐車場経営で失敗しないコツです。

良質な業者を見分ける方法は、こちらの質問に迅速かつ丁寧に対応してくれること、ネットでの口コミ評価が高いことなどが挙げられます。口コミや評判をしっかり確認しないで契約してしまうと「思っていた内容と違った」と、駐車場経営で失敗する原因となります。

それ以外にも実際にその業者が管理している駐車場に足を運び確認しに行ったとき、清掃が行き届いたよい状態を保てているならば、信用性の高い業者と判断できます。

適切な料金設定をしていなかった

設備やサービスで付加価値をつけられるアパート、マンションに対して駐車場経営は立地以外に優劣をつけにくい傾向があります。そのため利用者も価格のみで判断することが多く、安い駐車場に人が集中します。

ただあまりにも料金を下げると収入が減ってしまうので、周辺の駐車場をしっかりリサーチし、他よりも少し低めの料金を設定すると集客がしやすくなります。アパート、マンションの家賃と違い、駐車料金は割と頻繁に変更されるので、管理会社に周辺のリサーチを依頼して常に適切な料金設定を維持できるようにすることが大切です。

しかし、日ごろ、バスや電車など公共交通機関を利用する方が多く、駐車場の需要が見込めない立地で適切な料金設定をしていないと、いくら場所を選ばない土地活用であるとはいえ、集客に苦しむことになり駐車場経営で失敗する原因となります。

駐車場経営にかかる税金を理解していなかった

固定資産税は、土地や建物といった固定資産を所有している人すべてに課せられる税金のことです。駐車場経営の場合は土地のみが課税対象となり固定資産税評価額×1.4%(標準税率)で計算されます。土地を住宅用地として使用している場合、最大で固定資産税が1/6になる軽減措置が適用されますが、駐車場は更地扱いとなるので軽減措置の対象とはならないことに注意が必要です。

たとえば実家の土地建物を相続した後、建物を取り壊して駐車場経営をする際、土地の固定資産税はそれまでの6倍になります。その結果、駐車場の賃料収入だけでは納税ができず、駐車場経営が暗礁に乗り上げるケースとなれば、駐車場経営で失敗する原因となります。

駐車場経営で失敗しないためのポイント

駐車場経営で失敗する理由が知れたところで、次に駐車場経営で失敗しないためのポイントについて解説します。

駐車場経営で失敗しないためのポイントは、口コミや契約内容をしっかり確認して運営会社に任せることです。運営会社に任せた場合、初期投資費用がかからず「土地の整地」、「機器設置」、「管理運営」まですべて行なってくれます。

また運営会社の多くは24時間365日対応のコールセンターが設置されていて、トラブル対応を自分でしなくても良いのが最大のメリットです。運営会社から賃料が支払われるため、天候や周辺のコインパーキングの影響で上下する売上と関係なく、安定した収入を得ることができます。

また遠方に土地を所有している場合や、副業として投資を検討している場合、個人で運営するのは難しいですが運営会社に任せればすべて行なってくれるので経営が可能になります。

駐車場経営する際の注意点

ここまで、駐車場経営で失敗する理由と駐車場経営で失敗しないためのポイントについて紹介しました。最後に駐車場経営する際の注意点について解説します。

駐車場経営でトラブルが発生した場合には適切に対処することが大切ですが、それ以前にトラブルを未然に防ぐために注意しておくことも大切です。トラブルを未然に防ぐには「管理業者に委託する場合は経験豊富な業者を選ぶ」「料金未払いの対策として契約時に保証人を求める」「場合によっては一括前払い制の導入を検討する」「事故が起こりにくいレイアウトにする」「駐車場側に責任がないことを規約に明記する」などが重要となります。

もちろんトラブルは起こらないのが1番ですが、どのようにすれば少しでもトラブルが起こらないか、万一起こった場合には被害をどう抑えられるかも考えておくことが大切です。

 

駐車場経営は管理の手間が少なく、そこそこ儲かる人気の土地活用です。経営方法は個人運営と運営会社に委託する2つのパターンがあります。個人運営では利益は出ますが、自分で行なうとなるとそれなりに管理の手間かつ経営を失敗させないためにノウハウも必要です。これらのことから、手間がかからず、安定した収入を得られる運営会社にすべて任せられる駐車場経営がおすすめです。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧