駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

駐車場経営は赤字になりやすい?運営を失敗しない秘訣とは?

公開日:2021/03/15


駐車場経営は何もしなくても儲かるイメージがある人もいるのではないでしょうか。しかし、駐車場経営には赤字になる要素も潜んでおり、想定していたよりも稼げない駐車場経営者が多いようです。そのため、今回の記事では、駐車場経営を失敗しないための秘訣について説明していきます。駐車場経営を検討している人は、参考にしてください。

思ったより稼げない駐車場経営者は多い

所有している土地がなかなか売れず、副収入を得るためにアパートや駐車場運営で賃料収入を得ようと考える方も多いでしょう。しかし、アパートやマンションなどを建てるには、多額の初期投資が必要となります。

一方、比較的少ない初期費用で始められるのが駐車場経営です。大きな工事費用なども必要ないため、副収入を目的に所有している土地の活用として始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、駐車場経営を始めたものの、収益が上がらないこともあるようです。

駐車場経営は利用者から料金を徴収して成り立ちます。コインパーキングでも月極駐車場でも、利用者がいなければ収入を得ることができません。また、駐車場の美化に努めたり、トラブル処理をしたりなど手間とコストがかかってしまいます。たとえば、土地を相続して、空き地のままではもったいないので、駐車場経営を始めてみたい人もいるでしょう。

しかし、駐車場は周辺の環境や立地、駐車場の舗装などによって利用者数が変動することもあります。したがって、駐車場経営を始めたものの、思ったよりも利用者が増えずに稼ぐことができない経営者が多いのです。

駐車場経営が赤字になる場合って?

せっかく駐車場経営を始めたものの、利用者が増えずに収入を得ることができないこともあります。さらに、収入が赤字になる場合もあるようです。では、どのような場合に赤字になるのでしょうか。

駐車場需要がない

土地が余っているからといって、駐車場を作ればよいというわけではありあせん。そのエリアに駐車場の需要がなければ、維持費や運営費だけがかかってしまい、赤字になってしまいます。たとえば、周辺に駐車場がついていないアパートやオフィスがある場合は、比較的需要があるといえるでしょう。しかし、周囲に駐車場が複数あったり、駐車場付きの一軒家やアパートがあったりする場合は、利用者需要が少ないようです。そのような立地では、収益を生むのは難しいでしょう。

初期費用をかけすぎた

また、初期費用をかけすぎて、収入よりもローン返済額のほうが高くなる場合も赤字になります。キレイなアスファルトやコンクリートで舗装をしたり、最新のコインパーキング機器を導入したり、高額な工事費用をかける経営者も多いようです。必要以上に設備投資をする必要はなく、収支バランスを意識することで、赤字を回避できるといえるでしょう。

駐車場経営を失敗しないための秘訣

それでは、駐車場経営に失敗しないための秘訣はあるのでしょうか。これまで駐車場経営で赤字になるケースを見てきましたが、基本的なポイントは「駐車場需要」と「初期投資」にあります。

まず、周辺環境のリサーチを行い、駐車場需要があるかどうかを知ることが重要です。周辺に駐車場が少ない、駐車場が付いていない集合住宅が多いエリアがあれば、需要がある可能性が高いでしょう。また、周辺に駐車場があったとしても、常に満車状態であれば、それだけ需要があるということです。したがって、そのようなエリアも需要が高いといえるでしょう。

また、初期費用についても必要以上にかけすぎないことが大切です。まずは想定している駐車料金と駐車スペースから、月にどれだけの賃料収入が見込めるかを計算しましょう。そこから、初期費用にどれだけかけるべきなのかを計算する必要があるのです。月額10,000円の駐車料金で台数が5台の場合、常に満車でも月に50,000円の収益額になります。そのような駐車場で多額の初期費用をかけていては、回収するのに時間がかかってしまい赤字が続くでしょう。

したがって、必要以上の初期費用はおさえて、駐車場をつくっていくことが大切です。さらに、運営中のトラブルについても、想定しておかなければいけません。たとえば、ゴミの不法投棄や不正駐車、事故などのトラブル処理など、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。

駐車場経営は駐車料金で収入が入る反面、さまざまなトラブルが潜んでいるともいえるのです。ゴミの不法投棄だけでなく毎日の清掃をしてくれたり、集金代行をしてくれたり、さらに利用者からのクレーム処理の対応してくれたりなど、すべてを管理してくれる管理会社もあります。その方が失敗するリスクが下がり、比較的容易に始めやすいでしょう。

 

駐車場経営を始めたものの、想定していたよりも稼げないという方が多いようです。それは、駐車場需要の見極めが甘い、初期投資のかけすぎが原因となっていることがあります。また、運営していく中で、さまざまな問題も発生するでしょう。近年では、トラブル処理やクレーム対応などの管理をすべて行ってくれる管理会社もあります。そのような管理会社を利用することで、低いリスクで駐車場経営を始められるでしょう。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索