駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

駐車場経営するなら知っておくべき!利回りの計算方法

公開日:2021/07/15

駐車場経営は低コストでスタートできるため、なるべく低リスクで遊休地を活用したいと考えている人におすすめできます。駐車場経営スタートには、利回りを知ることが重要です。利回りとは、投資費用に対する収益の割合を図る指標となります。今回は駐車場経営における利回りについて説明し、高い利回りを出すために必要なポイントを紹介しましょう。

駐車場経営の利回りの種類

駐車場経営の利回りには、大きく「表面(グロス)利回り」と「実質(ネット)利回り」の2つがあります。2つの利回りの違いを理解することで、駐車場経営のスタートの段階で失敗するリスクを軽減させられるのです。

表面(グロス)利回り

表面(グロス)利回りとは、駐車場経営をする際スタートまでにかかる初期費用に対して、どのくらいの収益性が見込めるのかを図る指標です。駐車場経営開始までにかかる初期費用と、年間収入の2項目によって算出されます。インターネットの広告や不動産会社などで使われる「利回り」は、基本的に表面(グロス)利回りのことです。

実質(ネット)利回り

実質(ネット)利回りとは駐車場経営の実態に沿った、より細かい収益性を図る指標です。初期費用、年間収入に加え駐車場経営する上で避けられない、ランニングコストなどの経費も考慮した上で算出されます。駐車場経営をより成功に近づけるためには、実質(ネット)利回りを把握するのがポイントです。

利回りの計算方法

2つの利回りは、次の式から算出されます。どちらも利回りが高い方が、より収益性が高い事業であることを表しているのです。

・表面(グロス)利回り(%)=年間駐車場収入÷初期費用×100
・実質(グロス)利回り(%)=(年間駐車場収入−年間ランニングコスト)÷初期費用×100

初期費用に含まれるものとしては、土地整備などの工事費用である土地の舗装費・看板設置費・電灯費などです。ただし、建物がある場合は解体費も含めます。

ランニングコストに含まれるもの

ランニングコストに含まれるものには、次のものがあります。

・税金(固定資産税・都市計画税など)
・管理委託費
・設備メンテナンス費
・電気代
・保険代

月極駐車場とコインパーキングではランニングコストも異なるため、専門会社で確認するとよいでしょう。

高い利回りを出すポイント

駐車場経営において、高い利回りを確保するポイントは次の3点です。

・土地の立地条件をリサーチする
・初期費用とランニングコストを抑える
・実績のある業者に相談する方法もある

それぞれ解説します

土地の立地条件をリサーチする

駐車場経営を始めようとする土地の立地条件を念入りにリサーチすることが、駐車場経営をスタートする際に最も重要なポイントです。周辺の街の環境、駐車場の状況、賃料相場などをリサーチすることで、所有地では需要が高い駐車場は何かを把握できます。立地条件に合った需要の高い駐車場経営をスタートできれば、賃料も高く設定しやすいため高い利回りを確保できるのです。

たとえば、世帯当たり2台以上車を所有しているエリア、オフィス街で会社の駐車場が必要なエリアなどは長期間駐車できることが求められるため、月極駐車場の需要を見込めます。観光スポットや商業施設の近隣では、少額で短期間駐車できることが求められているため、コインパーキング需要を期待できそうです。

初期費用・ランニングコストを抑える

駐車場経営においては、初期費用をなるべく抑えて始めることが重要です。駐車場賃料は、周辺相場と大きく乖離してしまうと空車のリスクが上がるため、差を出せません。しかし初期費用に関しては、次のことを意識すれば抑えられる可能性があります。

・駐車場の舗装方法
一般的にはコンクリート舗装>アスファルト舗装>砂利の順でコストが下がるようです。

・駐車場の管理方法
コインパーキングの場合は、設備費用がかからない契約形態もあります。

実績のある駐車場業者に相談する方法もある

上記2つは高い利回りを出すためには、とても大切なポイントです。しかし、これから駐車場経営を始める人にとっては、リサーチに時間と労力がかかります。時間と労力はなるべくかけたくない人、どのように情報を集めたらよいのかわからない人は、実績のある業者複数社に相談しましょう。理由は、実績がある=高利回りを出すためのデータが膨大にあるということを示しているためです。また数社に相談することで、駐車場経営の成功事例、失敗事例などのノウハウを知るよい機会にもなるでしょう。

 

駐車場経営をこれから始める人は2つの利回り計算方法を使い分け、高い利回り確保を意識することをおすすめします。そのためには土地の立地条件を把握すること、初期費用を抑えることが重要です。これらを調べるには結構な時間と労力が必要になるため、実績のある専門業者に相談することもひとつの手段かもしれません。遊休地で高利回りの駐車場経営が実現できれば、より安心した暮らしができるようになるのではないでしょうか。

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索