駐車場経営に強いおすすめの専門会社5社!月極やコインパーキングの経営情報も満載!口コミや評判も合わせて紹介します。

タイムズ/タイムズ24/タイムズパーキングの画像1

会社名 タイムズ24株式会社
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田2丁目20番4号
TEL 03-6747-8124
創業 1971年8月
資本金 2,400百万円(2020.10.31現在)
代表 代表取締役社長 西川 光一
事業内容 駐車場事業
・時間貸駐車場の運営・管理
・駐車場の管理受託
・月極駐車場の運営
・予約制駐車場の運営
おすすめポイント工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応

パーク24グループは日常に当たり前にある「快適さ」や、世の中になかった新しい「快適さ」を届けることで、そこに住み、そこに生きる人々や街、社会がより豊かに、より魅力があふれるものになるように挑戦し続けています。

全国に2万件、75万台を超える駐車場を展開しており、蓄積したノウハウを活かした駐車場の管理実績がオーナーから高い評価を得ています。

タイムズ/タイムズ24/タイムズパーキングの画像

タイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング

工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応

公式サイトで詳細を見る

タイムズ駐車場のサービス内容

タイムズの画像2駐車場は初期費用ゼロから始められる投資リスクの少ない土地活用法です。駐車場経営に必要な料金看板や、駐車機器などの設備はタイムズ24の負担で設置します。

駐車場の稼働に限らず、土地オーナーに毎月定額の賃料を支払うので、安定したと利活用が可能です。また集金や保守メンテナンスもタイムズ24のグループ会社が行うので、オーナーによる運営、管理の手間がかかりません。

初期費用ゼロ

個人で時間賃駐車場を開設するには、精算機、駐車場機器、料金看板などの購入費と工事、施工費が必要ですが、タイムズで駐車場を開設すれば、原則タイムズ24が全て負担するため、初期費用なくコインパーキングを始められます。

安定収入

毎月定額の賃料を支払するので、土地オーナーは安定した収入を得ることができます。当月分を前月末日に指定口座に振り込んでいます。

管理・運営の手間不要

時間賃駐車場に欠かせない管理、運営も全てタイムズ24が対応しています。コンタクトセンターでお客さん対応から、定期的な集金、清掃、機器のメンテナンスまで全て対応しています。

専門知識不要

駐車場経営に伴う、車両入出庫用の歩道切り下げ工事や屋外広告物といった行政機関への届け出、駐車場内の不正駐車、放置車両、申請手続きまで、専門性が高く初めての方では難しい業務はすべてタイムズ24が対応しています。

タイムズ/タイムズ24/タイムズパーキングの画像

タイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング

工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応

公式サイトで詳細を見る

駐車場経営のメリットデメリット

タイムズの画像3土地活用をし、駐車場経営を検討するにあたって、目的に応じた選択肢があります。活用方法によっては、比較すべきポイントが大きく異なるので、その土地に合った選択をする必要があります。

駐車場経営のメリット

タイムズ24で駐車場経営を行うメリットについて紹介します。土地の有効活用として駐車場経営を考える方はメリットを知っておきましょう。

●投資のリスクの低さ、安定した収益性
駐車場経営の最大のメリットは、リスクが低く安定した収益が望めます。マンション経営と異なり、駐車場経営は少ない費用で始められるため、リスクを低く抑えることができます。

●高い流動性、転用性で柔軟な土地活用が可能
駐車場経営はオーナーのニーズに合わせた土地活用が可能な柔軟性も大きなメリットです。土地の形状に合わせて、駐車場の見積もりを作成するため、他の土地では、駐車場にするのが難しい狭小地や、変形地などにも対応できる可能性があります。

●その他のメリット
遊休地のままでは、不法投棄やゴミのポイ捨て、雑草等の問題が発生することがあります。このようなトラブルに対しても、駐車場にすることで避けることができます。機器のメンテナンスや駐車場の清掃、その他トラブルについてもタイムズ24が代行するため、オーナーの負担はありません。

駐車場経営のデメリット

駐車場経営のデメリットについて解説します。メリットと合わせてデメリットも知り、駐車場経営に最適かを判断しましょう。

●収益の低さ
駐車場経営のデメリットはアパート、マンション経営に比べ建築しない分、少ない投資額で開始できるものの、収益性が低くなることです。ただし、アパート、マンション経営は建築の費用負担が大きいばかりではなく、収入の減少や修繕費などで収入が安定しません。

●税金面の優遇の少なさ
駐車場経営は、固定資産税や都市計画税の優遇を受けられないというデメリットがあります。相続税に関しては、「小規模宅地等の特例」により、評価額を下げられる場合があります

駐車場オープンまでのながれ

タイムズの画像4土地オーナーの相談を受けてから、コインパーキングがオープンできるまでの流れを紹介します。タイムズ24の知識を活かし、オーナーのニーズを伺い、駐車場のプランを提案します。

お問い合わせ、相談

「不正駐車が多くて困っている」「遊休地で駐車場を経営できるか知りたい」「建物を取り壊して駐車場にしたい」などの悩みを解決します。相談、見積もりの費用は一切かかりません。

土地、ニーズ調査

土地の形状や立地などの現状に加え、周辺の駐車場ニーズ分析、調査などタイムズ24ならではの知識とノウハウを活かし、地域密着の営業スタッフが実施します。

提案

駐車場利用者や周辺住民の方々の安全性と利便性、土地の形状に合わせた見積もりや契約期間等を考慮し、最適なプランを提案します。

契約

オーナーが納得したら、一時使用貸借契約を締結します。解約後の営業権や借地権ははっせいしません。

工事、施工

グループ会社であるタイムズサービス株式会社の管理の元、駐車機器の設置、看板等のデザインや配置を安全に行います。また工事の際はスタッフが近隣の方々へ事前挨拶を行った後に、近隣住民の迷惑にならないよう騒音に気を付けながら工事を進めます。

オープン

オープン後もタイムズ24が管理運営をします。契約後工事をしてから2週間から1ヶ月でコインパーキングがオープンとなります。賃料はオープン日から支払います。

まずは「ホームページから無料相談」をしてみよう!

今回はタイムズ24株式会社について紹介しました。タイムズ24は駐車場の稼働に限らず、オーナーに毎月定額の賃料が入るので、安定した土地活用が可能です。

また清掃、集金、保守メンテナンスも行うので、オーナーによる運営、管理の手間がかからないのが魅力的です。専門知識が必要な契約などは全てタイムズ24がサポートしてくれるので安心して利用できます。

ホームページから無料相談を行っています。見積もり費もかからないので興味を持った方は気軽に相談してみてください。

タイムズ/タイムズ24/タイムズパーキングの画像

タイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング

工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応

公式サイトで詳細を見る
【おすすめ】駐車場経営の専門会社ランキングはこちら
サイト内検索
記事一覧

【おすすめ】駐車場経営専門会社ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名日本システムバンクタイムズ/タイムズ24/タイムズパーキング三井のリパーク/リパークナビパークパラカ
事業概要スピード・技術力・提案力でアフターフォローも万全工事費や保守メンテナンスは全てタイムズ24が対応オーナーのニーズに合わせた4種類の提案がある地域密着営業で蓄積されたノウハウや知識がある売上に関わらず固定賃料と還元賃料が選べる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく